熱波師の仕事の流儀

熱波師の仕事の流儀

サウナ業界を盛り上げ続ける、7人の熱波師と温浴コンサルタントを徹底取材!

  • 著:サウナーヨモギダ
  • 定価:1400円+税
  • 装丁:四六判・並製・176頁
  • 出版日:2021/9/9
ISBN
978-4-8272-1300-3

書籍紹介

【サウナ好き・熱波師になりたい人に向けた1冊! 】

熱波師とはサウナ室にあるサウナストーブの石に水を掛け水蒸気を発生させ、
サウナ室内に充満した水蒸気をタオルなどを振り攪拌し、サウナ客へ熱い風を送る人のことです。

サウナブームの到来で、憧れの職業と化した熱波師ですが、客観的に見えるものはその表層に過ぎません。
熱波師達はその刹那のパフォーマンスの為に大いなる準備を施しています。
技術的・体力的鍛錬を積み、精神のバランスを整え集中し、お客様に喜ばれる為に常に頭を悩ましています。

本書はサウナ業界を盛り上げ続ける、7人の熱波師と温浴コンサルタントを徹底取材し、
熱波師達の実際に目に見えない部分を中心に取り上げました。

「熱波師って何?」というサウナ初心者から、
「熱波を受けるために10分前からサウナ室で待機! 」という上級サウナ―まで、
本書がよりサウナを好きになるきっかけとなっていただけたら嬉しいです。

【目次】
・序章 日本の熱波師とその流儀
・第1章 箸休めサトシ:お笑い芸人と正統派熱波師のハイブリッド
・第2章 レジェンドゆう:売れっ子熱波師のマネジメント術
・第3章 渡辺純一 秋山温泉支配人:日本へアウフグースを持ち込んだ男
・第4章 宇田蒸気:会社員が熱波師をするわけ
・第5章 大森熱浪:完全フリーの熱波師
・第6章 五塔熱子:人気熱波師へ駆け上がれた理由とその心構え
・第7章 サウナそのもの 井上勝正:熱波道の精神とは
・第8章 望月義尚 株式会社アクトパス代表:コンサルタントに聞く熱波師の立ち位置
・考察 これからの熱波師とサウナ業界
・あとがき

著者コメント

著者紹介

北海道旭川市出身。
サウナに関する執筆、講演、コンサルタント、イベントの主催、メディア出演などを主に行っている。
ワインなどお酒全般にも造詣が深い。大の広島東洋カープファン。趣味は読書と街の散策、茶道。
2021年7月にオフィシャルブログ 「サウナの思想」を開設。