1週間で身につく、14歳からの投資

1週間で身につく、14歳からの投資

  • 著:髙橋美春
  • 定価:1400円+税
  • 装丁:A5判変形・並製・160頁
  • 出版日:2021/4/19
ISBN
978-4-8272-1276-1

書籍紹介

投資は大人になってから…ではなく、子供の頃だからこそ学んでおきたい。単なる基礎知識だけではなく、実践のパートでは稼ぎ方や実際に起こるケーススタディまで押さえる。本書の構成は、1日目から始まり7日目までのパートにまとめ、子供だけではなく親も一緒に家族で学んでいく投資の大事な話。

著者コメント

著者紹介

髙橋美春(たかはし・みはる)
ファイナンシャル・プランナー、独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)損害保険トータルプランナー
長野県上田市真田町出身(真田家の系統)金融・不動産を生業にしていた父の元、学生時代から投資に興味をもつ。その後「証券を生活産業に」のキャッチフレーズに憧れ中堅証券会社に入社。父の死をきっかけに国内生命保険に転職し現在はIFAとして「証券を生活産業に」すべく投資・保険・確定拠出年金を扱う傍ら、セミナー・イベント誘致の会社を経営。
自身の子供には小学1年生から投資教育を始める。東京証券取引所に見学に訪れ、日々の生活ではモーニングサテライトを流すなど、投資感度をあげる仕掛けをたくさんし、やわらか投資脳を育てている。周囲から、親子で学びたいとの希望が相次ぎ、東証見学・投資ボードゲームから投資の興味を上げる「こども投資教室」を始める。投資という観点だけではなく【キャッシュポイント】を持つことで「好きを仕事にしてほしい」、ひとりひとりに「自分の人生を歩んで欲しい」という願いから、各種講座や地域活性・社会貢献に繋がる事業も行っている。