【契約率76.2%】営業・即アポ

【契約率76.2%】営業・即アポ

6万5026時間の会話分析からわかった!

  • 著:堀口龍介
  • 定価:1400円+税
  • 装丁:四六判・並製・256頁
  • 出版日:2020/1/8
ISBN
978-4-8272-1214-3

書籍紹介

新規開拓・BtoC・BtoB・ルート・MR
すべての営業職種に有効!
センス・人柄・熱意・根性・努力に頼らない
コスパ高すぎの科学的な営業術

アポ取りで、こんな間違いをしていませんか。

・「電話」をかけまくる
・ひたすら「飛び込み」
・「問い合わせフォーム」から乱れ打ちコンタクト

「これらは古いやり方です。根性で営業成績が上がるのなら苦労しません。
大切なのは、正しい努力を重ね、契約につながるアポを『効率よく』取ること」

著者の堀口さんはこう言います。

「弊社の『即アポ』メソッドは、ある意味『科学』。
なぜなら、2011年1月から、
のべ6万5026時間の通話を録音&解析し、確立したものだからです。
再現性が高く、会話センスや押しの強さなど関係なく、
誰でも学べばアポ獲得率を上げることが可能です。」

このメソッドの優れた点は、
アポ取りの時点で「契約」につなげる「会話ロジック」を構築していること。
実際、堀口さんの会社の経験3年以上の営業は、アポを取って実際にお客様と会ったら、
「76.2%」の確率で契約を取っているそうだ。
アポを取れないて悩む営業はもちろん、
アポを取っても契約につなげられない営業すべてにオススメできる、
科学的なアポ取りの本ができました!

著者コメント

著者紹介

株式会社即決営業 代表。セールストーク分析の“鬼”。
1976年大阪生まれ。訪問販売の最大手に入社し、その翌年にセールスマン1000人以上のなかで年間個人売り上げ1位の成績を収める。
その後、営業会社を渡り歩き、在籍した3つの会社すべてで年間個人売上1位を記録し独立、29歳で営業会社を起業。
初年度から年商2億7000万円を売り上げるものの、2010年の特定商取引法の改正による影響で売上が急落。
スタッフの不満が顕在化し、社員50人の前で“土下座”をする「どん底」を味わう。
しかし以降、「人材育成のためには、自分が感覚でやってきた営業術をメソッド化しなければいけない」とデータ分析を本格的に開始。
試行錯誤の末に確立したメソッドを、社員に浸透させたことで、業績は見事V字回復。
京都や東京に拠点を広げ、数年後にはグループ売上年商5億円を突破した。
指導した人数は延べ3万人を超え、年収1000万円以上のトップ営業を多数輩出。
「即アポ」メソッドは、2011年から計6万時間以上の通話を録音&分析し、誕生。
データ分析は今この瞬間も、AIと人間により行われており、「即決営業」メソッドの進化は止むことがない。