売りたいのに売れない! 困った不動産を高く売る裏ワザ

売りたいのに売れない! 困った不動産を高く売る裏ワザ

  • 著:田中裕治
  • 定価:1500円+税
  • 装丁:四六判・並製・176頁
  • 出版日:2019/4/30
ISBN
978-4-8272-1179-5

書籍紹介

「空き家」「ワケあり物件」の「相続対策」「有効活用」

★空き家対策特別措置法で、
きちんと管理していない人は固定資産税が4倍に!?
★税制改正で空き家売却の譲渡所得税
3000万円の特別控除が新設!

親から相続した古い家、借地権、再建築不可など、
税金ばかりかかるカネ食い物件をなんとかしたい!
誰も住まないお荷物不動産、子どもに相続させないで!

現在、日本には約820万戸の空き家がある。少子高齢化によって田舎の親の家が空き家になる率が高まり、住むに住めず、売るに売れず、管理もできない家を相続した子供にとっては深刻な問題だ。本書は、親から相続した「お荷物不動産」や再建築不可物件をはじめ、所有している「売りにくい不動産」の問題解決ノウハウを網羅。
第1章:売りたいのに不動産会社に断られてしまう「困った不動産」
第2章:「困った不動産」の悩みにお答えします
第3章:こんな「困った不動産」を相続してしまったら
第4章:「困った不動産」を少しでも高く売る方法
第5章:「困った不動産」を売らずに有効活用する方法
第6章:固定資産税と相続税を安くする裏ワザ
第7章:親が元気なうちにやっておきたい不動産の相続対策

著者コメント

著者紹介

田中裕治(たなか ゆうじ)
一般社団法人全国空き家流通促進機構専務理事。株式会社リライト代表取締役。1978年、神奈川県生まれ。大学卒業後、大手不動産会社に勤務した後、勉強のために買取再販をメインとする不動産会社に転職。34歳で不動産会社を設立し独立。創業以来、赤字の依頼でも地方まで出かけていき、役所の担当者や近隣住民と辛抱強く交渉し、数多くの「負動産」を「富動産」に変えるなど、「困った不動産」を抱えた人たちの悩みを解決してきた。現在も、日本全国の「売れない」と言われて困っているお客様に寄り添い、「売れないはずの物件」を多数売却する傍ら、市役所や区役所、NPO法人などで無料相談員も務めている。人生のミッションは、相続でワケアリ物件を抱えて困っている人を1人でも多く救うこと。著書に『不動産相続対策~貰って嬉しい富動産、貰って損する負動産』(ギャラクシーブックス)がある。

監修:小木正和(おぎ まさかず)
弁護士。1973年、横浜市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、2006年に弁護士登録。不動産案件から、相続問題、男女問題、労働事件、交通事故、損害賠償請求、債権回収、任意整理、自己破産申立、個人再生申立、刑事事件まで幅広く経験を積む。2012年、横浜東口法律事務所を開設。現在の重点取扱分野は不動産関連で、公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会横浜南部支部の顧問弁護士も務めている。著書(共著)に『事業用ビルの賃貸借における法的対処と契約書式集』『医療事故損害賠償の実務』『個人再生の実務Q&A120問』がある。