社会改革のための貨幣上の諸提案

社会改革のための貨幣上の諸提案

ゲゼル、ソディ、ダグラスの理論と実践

  • 著:マーガレット・G・マイヤーズ
  • 定価:2400円+税
  • 装丁:四六判・上製・240頁
  • 出版日:2018/10/25
ISBN
978-4-8272-1133-7

書籍紹介

金融史の研究者として著名なマイヤーズが、ゲゼルとソディ・ダグラスという異端の経済思想家の理論と実践を冷徹ともいえる歴史実証主義立って分析。貨幣改革のための三人の諸提案が含むいくつかの欠陥を鋭く抉り出した古典的著作!

著者コメント

著者紹介

マーガレット・G・マイヤーズ(Margaret G.Myers,1899-1988)
マイヤーズは1934~64年にかけてヴァッサー・カレッジで教鞭を執った。
著書に、 Origins and Development(The New York Money Market,edited by Benjamin Haggott Beckhart,Vol.1), New York : Columbia University Press,1931,Paris as a Financial Centre,New York : Columbia University Press,1936,Monetary Proposals for Social Reform, New York : Columbia University Press,1940,A Financial History of the United States,New York : Columbia University Press,1970.(吹春寛一訳『アメリカ金融史』日本図書センター、1979年)がある。
我が国でも高く評価された『アメリカ金融史』の背景には、ニューヨークやパリといった金融センターから、本書で扱われたオルタナティブ金融までをカバーする戦前の包括的な研究蓄積がある。

結城剛志
埼玉大学大学院人文社会科学研究科准教授。著書に『労働証券論の歴史的位相:貨幣と市場をめぐるヴィジョン』(日本評論社、2013年)などがある。