失敗のしようがない 「新築」投資の教科書

失敗のしようがない 「新築」投資の教科書

  • 著:脱公務員大家
  • 定価:1500円+税
  • 装丁:四六判・並製・192頁
  • 出版日:2018/1/23
ISBN
978-4-8272-1102-3

書籍紹介

「初心者」「副業投資」にうってつけの、土地から仕込む「新築」不動産投資 年収400万からはじめられて、超低リスクに首都圏でも利回り12%超! 建売、売建、土地から・・・ 一口に、「新築」不動産投資といってもいろいろな方法がありますが、 本書は『土地からはじめる「新築」投資』です。 「新築」投資は、1入居付けがしやすい、2融資をひきやすい、3修繕費用がかからない、 などのメリットがあり、低リスク&手間のかからない手法です。 「それなら、みな新築投資にすればいいではないか」と思うかもしれませんが、 新築は利回りが低くなりがちという難点があります。 しかし、著者は「安く土地を仕込む」ことで、新築で2ケタの利回りを保持している、 不動産業界では数少ない投資家です。 1棟も買ったことのない初心者はもちろん、 「中古物件を購入したが、手間の割に手のこりが少ない」と嘆く中級者も必読の1冊です。 第1章 公務員だった私が「新築」投資をはじめるまで 第2章 失敗のしようがない「新築」投資法とは 第3章 【融資】圧倒的に低い金利で借りる 第4章 『土地取得】いまいちな土地をお宝に変える 第5章 【建物プラン】交渉テクニックと収益計算でコスパよく建てる 第6章 【管理運営】入居付けのしやすさに慢心しない 第7章 【出口戦略】利益を最大化できる売却時期

著者コメント

著者紹介

不動産投資家、楽待コラムニスト。1985年生まれ。福井県越前市出身。 大学進学時に上京し、その後東京都で地方公務員として社会人生活をスタート。 結婚、子供の誕生という人生の節目で、家族の将来を真剣に考え始め、不動産投資と出会う。 2015年に父親名義で新築不動産投資を始め、その後も家族名義で不動産を買い進める中で、 「土地からはじめる新築不動産投資」に行き着く。 土地から新築を建てていく中で、首都圏でも利回り10%以上をコンスタントに達成、 12%を超えるものもある。