知られたくないウラ事情「不都合な真実」

知られたくないウラ事情「不都合な真実」

  • 著:神樹兵輔
  • 定価:1400円+税
  • 装丁:四六判・並製・192頁
  • 出版日:2017/09/08
ISBN
978-4-8272-1078-1

書籍紹介

知らないほうが幸せだった!? 《世の中の仕組み&カラクリ》。ビジネスから日常生活まで、ブラックな日本社会を賢く生きるためのサバイバル戦術。ある国は一党独裁の監視社会で、言論の自由がありません。言論の自由がなければ、学問の自由もありません。独裁政権にとっては、「知られたくないウラ事情」だらけだからです。日本は、そういう国ではないーーと安心する人たちが大勢いますが、本当にそうでしょうか。マスメディアが、時の政権や商業資本の手先となって、忖度報道する姿勢を垣間見る今日、戦前のマスメディアがたどった道を思い浮かべてしまいます。本書は、仕事や日常生活において「賢い選択」をするための情報ファイルです。

著者コメント

著者紹介

経済アナリスト、投資コンサルタント。金融、為替、不動産などの投資情報を提供するマネービルと経済の専門家。著書に『知らないとソンする! 価格と儲けのカラクリ』(高橋書店)、『老後に500万円が残るお金の話』(ワニブックス)、『見るだけでわかるピケティ超図解』(フォレスト出版)、『面白いほどよくわかる最新経済のしくみ』『面白いほどよくわかる世界経済』(日本文芸社)などがある。