最高の職場をつくる働くルール

最高の職場をつくる働くルール

  • 著:坂上和芳
  • 定価:1400円+税
  • 装丁:四六判・並製・192頁
  • 出版日:2017/07/28
ISBN
978-4-8272-1076-7

書籍紹介

職場のルールをつくれば、「幸せな生活が手に入る」。人がどんどん辞めて定着せず、いつまでたっても業績が上向かない残念な職場を最高の職場に変える環境づくりのコツを、働き方改善のプロが伝授。職場のルールを変えない限りいつまでたっても不平・不満はなくならずトラブルだらけで、効率の悪い職場は変えられない。過労死・パワハラなどで「死なない働き方」を手に入れる近道は、まずは働き方のルールづくりから始める→職場の問題を洗い出す→絶えず改善する、ことに尽きる。働きやすい職場づくりに必要な「残業をなくすコツ」「時短仕事術」「休む技術」などもやさしく解説した社会人1年目から役に立つ働き方の新常識教科書!

著者コメント

著者紹介

1965年新潟県生まれ。人事労務コンサルタント・社会保険労務士。千葉労働局においてコンサルタント・アドバイザーも務める。現場主義をモットーに、さまざまな企業や職場を訪ね歩き、職場の問題について、労使双方の立場に立ってアドバイスする姿勢を貫いている。現場に寄り添ったコンサルティングに定評がある。最近は医療機関や介護事業所のコンサルティングに注力し、千葉県看護協会の諮問委員会である業務改善委員会のメンバーも務め、看護職を中心とした医療機関の業務改善に向けた助言・サポートも行なっている。