富士フイルムの『変える力』

富士フイルムの『変える力』

急加速するメディカル・イノベーションの秘密

  • 著:伊藤公介
  • 定価:1400円+税
  • 装丁:四六判・並製・192頁
  • 出版日:2017/06/27
ISBN
978-4-8272-1060-6

書籍紹介

脱本業をめざし、構造改革を断行。最先端の独自技術を生かした多角化経営に乗りだし、新薬開発・再生医療・医療機器、化粧品参入と総合ヘルスケアカンパニーへと華麗なる変貌を遂げた富士フイルム。逆境の変化に対応するだけでなく、自らを変え、新しい価値を生み出す『変化し続ける』経営の秘密に迫る。デジタル化の波の中コダックが消え、富士フイルムが残った理由とは何か、写真フィルムの縮小という本業を直撃する危機の中で巨大組織の仕組みを根底から変える力はどこにあったのか。根幹の技術を転用して巨大メディカルサイエンスメーカーの地位を確立したイノベーションのヒミツとは何か。そもそも富士フイルムはどんな会社だったのか、どんなすごい技術があるのか、なぜインスタントカメラ「チェキ」は世界中で2500万台も売れているのか、なぜレンズを含めて100万円もする超高級ミラーレスデジカメに予約が殺到するのか。各界のトップリーダーから注目を集める、「どんな厳しい環境でも利益を出し続ける強靱な体質を作る」ための構造改革を敢行し、変化を生み出す土壌を作ったリーダーの考えとはなんだったのか、富士フイルムがめざす未来戦略が手に取るようにわかる一冊。

著者コメント

著者紹介

経済ジャーナリスト。大手百貨店の経営企画、経済誌等の記者を経て独立。「覆面リサーチャー」として、製造や販売の現場を長年調査してきた。メーカー、医療、金融、流通分野を得意とし、複雑な業界事情を平易なことばで解説する取材力・分析力には定評がある。