中卒でも年収1億円! “やる気”だけで夢は叶う

中卒でも年収1億円! “やる気”だけで夢は叶う

“キャバクラ大家”流「A&M」投資術

  • 著:桜庭匠
  • 定価:1500円+税
  • 装丁:四六判・並製・208頁
  • 出版日:2016/06/02
ISBN
978-4-8272-0997-6

書籍紹介

【現代版・成り上りの9ヶ条】 金なし・コネなし・学歴なしの落ちこぼれ不良少年が、たった3年で「億万長者」になれたのは、なぜ? 「キャバクラ大家」の愛称で、今売り出し中の超新星が伝授する、年収1億円を稼ぎ出す「9つの法則」。サラリーマンが不動産投資に参入するためには、それなりの資金が必要になります。資金がない場合には、その人の属性(大手企業の社員であったり、公務員のような安定した職業)つまり、銀行融資が可能な将来性が問われます。しかし著者は青森から上京した田舎者、まさに「金なし・コネなし・学歴なし(中卒)」低属性の見本のようなもの。十代の頃は学校にも行かず、通信簿はオール1で年中、警察のお世話になっていた、いわば不良少年。なので投資への挑戦はゼロからどころか、マイナスからのスタート。そんな著者が、お金を稼ぐにはどうしたらいいかを必死に考え行きついたのが、事業収益を作って、不動産に回す手法。本書は巷に氾濫する投資本「高属性のサラリーマンの不動産投資法」と違い、低属性の投資法。しかも、融資のつきにくい美容師、キックボクサー、ホスト、キャバクラオーナーなどを経て不動産投資を展開、成功した稀な例です。逆に言えば、学歴やお金が無くても、やる気と行動力さえあれば、誰でも、事業収益を不動産投資に回し、自由な時間とお金を手に入れることができることを実証しているわけです。

著者コメント

著者紹介

青森の地元中学を卒業後、美容学校に進学するも、卒業3日前に退学。毎晩バイクで走り回る暴走族のような生活を送る中、「このままでは人生がダメになる!」と上京を決意、25歳までに自分の店を持つことを目標と定める。20歳にして美容師デビューを果たす傍ら、格闘技ジムにも通い始める。また、開業資金をつくるために歌舞伎町でホストデビュー、ナンバーワンにもなる。1年間後25歳に、目標通り美容室をオープンする。その後、2店舗目の美容室、キャバクラ、ラーメン店等を次々にオープンさせる。31歳で不動産投資を開始。それから3年後の現在、14棟134室を所有し、平均利回り20%以上、年間入居率95%以上。年収1億円を超え、「キャバクラ大家」の愛称で親しまれている。