セクシーな男、男前な女

セクシーな男、男前な女

なぜあの人は特別な存在になるのか

  • 著:中谷彰宏
  • 定価:1300円+税
  • 装丁:四六判・並製・224頁
  • 出版日:2015/10/17
ISBN
978-4-8272-0962-4

書籍紹介

色気がある男は、セクシーな男になり、色気がある女は、男前な女になる。二度手間をニッコリ受け入れた瞬間に、色気が出る。色気は「ギャップ」の中に存在する。ゲーテの哲学は「永遠に女性的なるものが自分を高みに引き上げる・・・」というもの。すなわち、女性における男性性(男らしさ)、男性における女性性(女らしさ)が、自分をより高めている、とする哲学だ。確かにセクシーな男はもてるし、男前な女は魅力的に映る。日本の男女も、西洋風に洗練されてきた昨今、男はセクシーに、女は男前に、男女とも中間性に近づいてきているように感じる。ビジネス社会でも、できる男や一流の男は色気をもっていると女性は感じるというデータもあるし、できる女性も男前でさっぱりとした気性が同性にも憧れの対象になっている。本書は、カッコイイ人間としての究極な男女の形を「セクシーな男、男前な女」として、魅力に映る秘密を解き明かしたもの。

著者コメント

著者紹介

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂に入社し、8年間のCMプランナーを経て、91年に独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。人生論、ビジネスから恋愛エッセイ、小説まで、多くのロングセラー、ベストセラーを世に送り出す。「中谷塾」を主宰し、全国でワークショップ、講演活動を行う。