プロも教えてもらえない 非常識な不動産投資法

プロも教えてもらえない 非常識な不動産投資法

  • 著:増山大
  • 定価:1500円+税
  • 装丁:四六判・並製・224頁
  • 出版日:2015/02/04
ISBN
978-4-8272-0920-4

書籍紹介

《あなたの弱みを克服し、強みをMAX生かす7つの裏ワザ》1棟目を買えなかった人が買えるようになる!? 賃貸住宅は、すでに余っているにもかかわらず、未だに 「新築を建てれば儲かる」 「中古の収益不動産はお買い得。買いさえすればリタイアできる」と、実態をよく知らないサラリーマンの間でまことしやかに言われている。はたしてその実態は?無知な人を標的にした「悪徳業者」が、今も陰でウハウハ儲けている。 歪んだ業界とユーザーの意識のギャップは大きい。 本書はアパートマンション業界一筋27年。200棟設計し4000戸を管理、現役投資家塾生100名を指導する一級建築士が、不動産投資家を目指すサラリーマンに、業界の裏側と、失敗しない不動産投資ノウハウをそっと教えます。

著者コメント

著者紹介

不動産投資家養成スクール「増山塾」塾長。アパマン専門一級建築士。1964年3月、千葉県市川市生まれ。千葉大学建築工学科卒。大手ハウスメーカー(旭化成)で13年間、200棟の新築アパート設計を担当し、地主の土地活用から企業の遊休地活用のアパマン建築コンサルティングを手掛ける。その後、アパマン道を極めるため、世界一の大家URに移籍。UR在籍中13年間に、賃貸住宅管理・地上げ開発部門でコンサルティングを担当する。また、特殊な業務としては、集合住宅品質クレーム対応(構造、水漏れが中心)47件もの難題を対応・処理してきている。このように一級建築士でありながらも、地上げ部門・クレーム対応部門での対人交渉で、不動産は人としての在り方が、すべてであることを、実感する。その後、2005年アパマン建築コンサルティングオフィス・増山大建築研究所を設立。自身でも都心の貸事務所・ワンルーム賃貸から、郊外のファミリー賃貸・戸建賃貸、ワンルームマンションを経営し、自身も投資家としても日々、活動している。これら、アパマンに関するすべての経験を、主にサラリーマン投資家や投資家を目指すひとに伝えるべく、「不動産投資家養成スクール・増山塾」を2006年に立ち上げ、3年間で14回の投資スクール(セミナー)を開催、延べ700名の塾生を指導する。その後「増山塾」はセミナー活動から、個人指導に進化し、現在94名の有料会員制投資塾として塾生への有益情報の提供、セミナー開催、専門家との交流・紹介、信頼のおけるアパマンを取り巻く設備機器の紹介など、多忙な日々を送る。