ネルシーニョ すべては勝利のために

ネルシーニョ すべては勝利のために

  • 著:田中直希
  • 定価:1333円+税
  • 装丁:四六判・並製・192頁
  • 出版日:2011/11/29
ISBN
978-4-8272-0689-0

書籍紹介

Jリーグ・柏レイソル監督ネルシーニョの就任以降、選手・コーチ陣・フロントには「勝利の文化」が植えつけられた。“VITORIA”(ポルトガル語で勝利の意味)をスローガンに掲げ、ベテラン・若手に関わらずすべての選手を平等に扱い、妥協を許さないプロフェッショナルの姿勢が柏レイソルを“勝てる”集団へと変えた。2010年、J2での19試合連続無敗のJリーグ記録を樹立、J2リーグを全36試合のうち敗戦は2回だけというぶっちぎりの優勝、そして史上初昇格元年でのJ1優勝。ネルシーニョ監督就任当初から足繁く練習場に通い、公式戦はもちろん海外キャンプにまで足を運んできた担当記者にしか書けない話が満載。勝ち続けるチームはいかにしてつくられたか、選手・スタッフの証言もあわせて名将の哲学を分析する。 Jリーグ初期のヴェルディ川崎やブラジルの名門コリンチャンス、サンパウロなどで栄冠を掴んできた名将の「勝利の哲学」―。シンプルに、常に「勝つため」の決断を下す。類い希なる観察眼と包容力でメンバーの信頼を勝ち取り、柏レイソルに勝利の文化を植えつけた名将のリーダー論とは。

著者コメント

著者紹介

大学卒業後、一般企業に就職したが、一念発起してフリーライターに転身。2009年のシーズン途中からサッカー専門新聞『エル ゴラッソ』柏レイソル担当記者となる。2013年3月からFC東京を担当。ほぼ毎日、担当クラブの練習場に通い詰めている。